スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
雨を見たかい?
「Have you ever seen the Rain?(雨を見たかい?)」
by Creedence Clearwater Revival

先日、カフェで聞いて気になった曲。
聴くと、何故かトム・ソーヤを思い出すので、不思議に思っていたのだけど、
どうやら2001-2002年に日産セレナのCM「モノより思い出」で、
使われていたらしいから、その影響な気が今はする。

まあ、諸説あるらしいけれど、
「the Rain」はナパーム弾の比喩という説がある。
ベトナム戦争で米軍によって使用されたナパーム弾は、
空から降って来るときに、キラキラと光って見えるそうだ。
アメリカでは放送禁止になった曲らしい。

戦争への批判・非難、平和への希求...
そんなことを感じながら、この曲を聴くと、
爽やかなメロディに、重めの歌詞で、唸ってしまった。
そして、ますます好きになってしまった。


先週も友人から、ベトナム戦争を撮影した「安全への逃避」で有名な
報道写真家/沢田教一さんの話を聞いたばかりだし、
なんだか、ベトナム戦争に関連した情報が多く集まってきている気がする。
調べたら、ベトナム戦争が終結(サイゴンの陥落)したのは、
1975年の4月30日なのね。だからなのかな?

たった、39年前。
なのに、とても遠いように感じる。
ハノイしか行った事がないけれど、ベトナムの景色が思い出される。


youtube、和訳がチャラすぎ...なんだけど、
でも、それがまたなんか批判の味を出してると思ったのと、
有名な戦争写真がたくさん入っていたのと、
雨に唄えばの動画が入っていたので、載せてみます。
自分のイメージに一番近い感じだったし。
あ、でも、かなりエグいので、苦手な方はスルーして。

にしても、戦争に興味があるのは、間違いなく父の影響だなあ。


スポンサーサイト
【2014/04/27 00:55 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
言葉が降る朝
朝起きて、言葉がポンって、降ってくる朝がある。

正確に言うと、
目覚める瞬間に、夢の中でその言葉が降ってきて、
起きた後も、ぼーっとした頭にその言葉が残っている。

先日、起きたら、久々にそれが来た。

ワケも分からずに、復唱しながら、
ワケも分からずに、その辺の紙にメモを取る。

『凸凹の道のように、どの人にだって
 つまずきやすいところがそれぞれある。
 その人のつまずきやすいポイントをいち早く察知して、
 乗り越えやすくしてやるのが教師』

...って、一体、なんだってこんな言葉が??

かなり謎が残ったのですが、この手の言葉が降って来るときは、
自分の潜在意識か、大いなる存在からのメッセージなんだろうと思うことにしているので、
なんかよく分からないけど、そんなことなのねーと思うことにする。



【2014/04/07 03:23 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
入稿完了☆
2月から通っていた須田誠さんの〈写真・表現力アップクラス〉
http://travelfreak.jp/ws-hyougen/

毎回、違った課題を通して、表現とは何かについて学び、
最終的には1冊のオリジナル写真集を作ることを目標に、
5期生〈SPARK☆FIVE〉の18名でやってきた。

そして、今日の3:00がその入稿締切日。
割と早くに出来上がっていたのに、
結局、3:00ギリギリに...やっぱり(笑)

というのも、一度、写真集に使用予定の25枚
全部の写真に補正をかけて、組み直してみたから。

が、2時間近くかけて、分かった結論。

自分が一度、直感でOKだと思ったものは、正しい。
25枚中、差し替えになったのは、わずか2枚。
(まあ、2枚差し替えになっただけ、無駄骨でもなかったけど)
補正をかけた途端に、意図していたのと違う写真になってしまい、
「全然、違う〜!」と何度も思った。

そして、これって何でも当てはまる気がする。
何かを判断するときに、自分にとって正しいもの、
好きなものって、絶対に迷わない。
「あ、これっ!」ってすぐに分かる。
逆に迷うものは、ベターであって、ベストではない。
直感って、大事だなーって改めて思った。
さて、寝るか〜!

【2014/04/04 03:48 】 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
Spring has come☆
春生まれなせいか、なんだかんだ言って春が一番好きです。
日本の別れの季節が、春で良かったと、この時期になるといつも思う。
秋だったら、寂しくて切なくて、きっともっと辛い。
しんみりした気持ちで見上げる空に、桜が映えるからこそ、
前向きにやっていこうという気持ちになるのだと思うのです。
やっぱり、日本人のこころには、桜が似合う。

しばらく、怠けていたこのブログですが、
新学期を期に、またボチボチ再開していこうと思います。
やっぱり書くのが好きだし。
短くても、できるだけ毎日書けるように頑張ろうっと♪


さて。
最近、親友に「あまからカルテット」という本を贈られました。
去年から、その本にドンはまりしてた彼女は、読後から
「女友だちって最高!」と息巻いていたので、
若干、覚めた目でハイハイって思っていたのだけど...

私も、ドンはまり(笑)!!!

男の友情はいいって言われるけど、女の友情だって負けてないじゃない!?
そんな気分にさせてくれます。
女の友情は、群れ過ぎて面倒にもなる失敗ケースもあるけれど、
上手くバランスを取れれば、こんなに力強く連帯感がある。
VIVA 女友だち!!!そんな本でした。
大人になればなるほど、女友だちっていう存在を好きになっていく気がする。
是非ぜひ、たくさんの女性に読んで、「やばい、やられた!」と呟いてほしい。
電車の中で、お風呂の中で、にんまりまた読みたいと思います。
【2014/04/02 21:08 】 | 日常 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。